自分用にも贈り物にも認め印なら通販で

今では印鑑も通販で買えるのが当たり前となってきています。お店でも販売されていますが、欲しい名字がない場合は店頭で注文する必要があります。日本には多種多様の名字があり、しかも使われている漢字も微妙な違いがあります。しかもデザインのほとんどが限られています。どうせ注文するなら、印材やデザインをじっくり選べる通販を利用して、素敵な認め印を作ってはみませんか。
ネットショップでも、一般的な認め印の大きさである10.5、12.5mm両方が揃っており、字体も印材も選ぶことも可能なのです。高級感あふれる柘植や水牛、一風変わったアクリル樹脂でクリアに、もしくはキラリと光るメタルも販売していることがあります。さらに印材にも印字部分にもかわいいイラストを入れることもできるので、普通のはんこでは物足りないという人にはぴったりです。

贈り物にもぴったりなデザイン認め印

かわいい、かっこいい印鑑は、自分で使う目的だけではなく、贈り物にも最適です。進学祝い、就職祝いなどにおしゃれで高級感のあるものを贈ると良いでしょう。特に親元から独り立ちする、という若い人にとっては、印鑑はこれから準備するべき必要な物です。銀行口座開設、水道ガス電気などの様々な契約で印鑑を使うシーンは多いはずです。今の時代、自分の印鑑をすでに持っている中高校生も少なくありませんが、おしゃれでかわいい物がもう1つあっても困ることはないでしょう。
何歳になってもずっと持っていたくなるような、素敵なデザインのものを贈ってみましょう。契約で使えるものではなく、下の名前だけや素敵な言葉が彫られた印鑑を贈っても良いでしょう。価格も安価なもの物ありたくさんの種類から選べるので、経済的な負担もそれほどありません。

通販で注文する時に注意すること

ネットショップで印鑑を注文する時に注意することは、発注して届くまでの日数を知っておくこと、そして正確な漢字をはっきりと誰でも分かるように注文することです。注文して即日発送を謳うネットショップもありますが、地方、特に離島に住んでいる人の場合は翌日届くということは難しい場合があるので注意が必要です。届いてほしい希望の日時がある場合は、2週間程度の余裕を持って注文する必要があります。特に特殊な加工や印材を使う場合は、都市部であっても日数の余裕を持つべきです。
そして日本人の名字でよくある漢字の違いも注意する必要があります。同じタカハシでも「高橋」と「髙橋」があるように、人名漢字には特殊な表記が必要な場合があります。重要な契約の場合、間違っていたら使えないので、正確な漢字かどうかはしっかりと確認しておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加