通販で豊富に揃っている認め印の素材

認め印は通販サイトでも多くの素材を扱っており、もちろんネットから購入することも可能です。専用の印鑑専門のサイトが開設しているため、そこで求めれば品質の良い物を購入することもできます。 ただ実印と違って、広く一般的に普及している印鑑で書類などで目を通しました、書いてある内容を認めましたという意味合いが強いのが特徴的です。そのため費用も実印ほどかけないで制作を行うのが一般的で、実印の方が高級感のある素材を用いることが多くなります。 なお高級感のあるのは、象牙やマンモスの牙で製造されているタイプで、他に樹脂系であればチタンなどが該当します。一方、一般的ななじみが深いのが黒水牛で、他にも木材系を用いたタイプがありますが、黒水牛は実印までも使うことができるタイプでメジャーな印鑑となります。

多くの人にも愛用され一番の人気のある黒水牛とは

印鑑と言えば、黒水牛と言われる程で大切な書類などに押印する実印や一般的な認め印としても使える素材で、通販サイトでも豊富に扱っています。見た目の色も黒光している特徴があり、多くの方にも所有され、印鑑と言えばまさにこれだと言っても過言ではないです。 その製造には水牛の角の部分を削って印鑑にしており、丈夫で硬いながらも粘性も存在するため、朱肉にもよくなじんで印鑑としては最適なものとなります。本来の水牛の角は真っ黒の状態ではなく漆黒に染め上げたものが主流です。 しかし自然のムラを残しているタイプもあり、外から見た場合には高級感を感じるタイプの物も存在します。比較的に黒水牛タイプの印鑑は費用もそれほど高くならない上に汎用性にも優れているため、多くの方にも愛用され、人気もナンバーワンです。

費用の相場とお店選びのポイント

印鑑を作成するときに重要なポイントとしては、費用がどのくらいかかってしまうかです。特に認め印はそれほど郵便や回覧板に押印される程度で重要なシーンで使うことがないため、それ相応の価格のタイプを選択することがポイントとなります。一般的に多くの方に支持されるタイプの黒水牛であれば3,000円程度から作成でき、10,000円を超えて作成されることは稀となります。もちろんお店選びも重要で、街の文房具店などの店舗での購入も可能ですが、ネットからの通販を利用することも良いです。 ただネットの場合は印鑑の素材のことを説明していたり、良い印鑑の見分け方や費用の相場などをしっかり解説されているサイトを選択すると良いかもしれません。最近は災害時にも強いとされるチタン素材も人気が出ていますが、欠けにくく丈夫な分だけで割高となることが多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加