通販でも購入できる認め印の用途とは

認め印は通販サイトでも購入できますが、100円均一などでも購入して、それを用いられることもあります。日常生活の中での様々な用途で用いることができる印鑑のことで、重要な書類で使用されないのを特徴としています。例えば回覧板、宅配便、金額がそれほど高くない契約書などでも利用され、普段はそれほど意識しないで押印される性質もあります。 役所に印鑑証明として登録されている物ではなく、銀行・郵便局などの金融機関の口座を開設する時に使われたりすることもないです。基本的に第三者が見た時に名前も解りやすいため、サインよりも簡単な証明にも使うことができます。職場でよく用いられる印鑑はこれで、職場での勤続年数や役職などによっては特別なタイプを所望される方もおり、彫って作成してもらうこともあります。

適したサイズとそれを押印する意味とは

認め印も通販サイトで販売されているため、ネット上から注文して作ってもらうことも可能です。様々な用途から利用される機会が多く、何度も繰り返し利用されることも多いため欠けてしまったり、削られてしまわない様な丈夫なタイプを選択すると良いです。丈夫さの観点からすると、黒水牛タイプの印鑑が優れ、費用も安い上に保存状態によっては半永久的に使うことができます。 押印することで内容を確認したことの証明、荷物を貰い受けたことの証明など確認や簡単な証明にも使うことができます。ただ100円均一でも手に入る印鑑のため、第三者が勝手に押印してしまうことも見られるため、用途には注意が必要です。

便利なインク内蔵型のスタンプも使うことが可能か

インク内蔵型のスタンプは朱肉を必要とせず、印鑑の柄部分にインクが入っており、スタンプの様に押すことができる印鑑です。役所などの印鑑証明の用途に使われる印鑑を実印と言いますが、それ以外は認め印の扱いになるのが通販サイトでも説明されています。 当然にインク内蔵型のスタンプも当てはまり、契約書や誓約書などでインク内蔵型スタンプ不可と書かれていない限りそれを活用することは可能です。ただ朱肉がインキになっているため消えやすく、公的な書類や比較的に重要な書類では使うことができず、長期間の保存を要する証明書には使用できないのが一般的となります。 他に機械的に製造されているため同じ字体となりやすく、印鑑の偽造を問われた時に独自性を証明できない難点もあります。そのため宅配や回覧板などで押印する時だけ、限定して利用されることも多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加