認め印は通販サイトでもその適した書体を詳細に解説

認め印は会社、学校、家庭などのシーンでもよく利用される印鑑で、人生で初めて制作する印鑑がこれだとする方も多いです。一般的に印鑑を制作する場合、書体の選択から始める必要がありますが、それには吉相・篆書・太枠篆書・古印体・隷書といった種類が存在します。 多くの通販サイトでは、こうした書体を紹介し、実際にそれによって制作された印鑑を押した状態をサンプルに出して解説を行っているケースが多いです。一番、使用されることが多いのは古印・隷書のどちらかであると言われ、それが押されていると名前の名字が明解である点がメリットです。 誰が印鑑を押したかが判明するので、読みやすいフォントであることが条件になり、それほどセキュリティや験担ぎの要素を排除しても構わない点もあります。

実用から見る印鑑の選択のポイントとは

認め印を通販サイトで購入することも多いですが、吉相・篆書・太枠篆書といった書体を用いることはありません。その理由としては、単に内容を確認した、同意した旨のニュアンスで押されることが多いため、セキュリティの兼ね合いから偽造されにくい文字を使う必要がないからです。 吉相・篆書・太枠篆書で制作すると難しい文字となることが多く、名字が誰なのかが判別付かない場合もあり、逆に不都合になってしまうことも多くなります。従ってフォントは、誰が見ても誰が印鑑を押したかが解りやすい物が好まれます。 日本漢字を基にしていることがポイントで、一般の方でも馴染みやすい漢字での印鑑を制作することが重要です。よく書類などの訂正印を押すケースも存在しますが、それも同じように可読性に拘って制作することがポイントとなります。

選びの方のポイントや予算までの相談も可能

認め印などの印鑑は、日本では印鑑を大事にする文化があるため、それをネット通販で購入するのはふさわしくないとする意見もあります。しかし最近はネットでも詳細に印鑑の種類を解説していますので、それに沿った形で制作して貰えば、優れた印鑑を格安で手に入れることも可能です。 用途から対面販売の店頭で購入することが多い一方、抵抗なく印鑑専門サイトから購入されている方も増えています。電話やメールなどで相談できる体制も整っているため、購入しやすくなっているのも事実です。 逆に書体に対する知識が乏しい点もありますが、それについても解説がしっかりされていることで、使う用途に合わせた印鑑を用意できる様になっています。顔を見合わせないでも相談でき予算の把握も可能で、店頭よりも安い場合が多いことでもネット購入は人気が出ています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加