認め印作成にサイズも豊富な通販サイトが便利

認め印は家庭でも職場でも使え、利用の範囲が広いです。書類の回覧の確認印、宅配便や郵送物の受取確認に自筆署名代わりに使えますし、職場で給与を手渡しされた際に受領印としても利用できます。口座開設の際に銀行印の代用や契約書の捺印など、様々な書類にも使えます。 文房具や100円ショップでも取り扱いがありますが、気に入った物を長く使いたいのであれば、専門店で作成された方がいい場合があります。最寄りに印鑑専門店がない場合は、通販サイトを利用するのがおすすめです。素材やサイズも豊富ですし、手作業で仕上げができる所もあるので他の方と被る心配もない場合もあります。メールを通じて出来映えの確認も事前にできるため安心して購入できます。珍しい名字や異体字での作成も受付可能なことがありますし、事前にメールでの問い合わせもできる場合があります。

印鑑に適した大きさや書体の選び方

通販サイトでの発注の流れは、印鑑の材質とサイズを選んだ後に適した書体を選んで購入画面から手続きをするのが一般的です。 認め印のサイズに適しているのは、10cmから13cm程度の丸形です。どこでも持ち運びがしやすく、家で使うにも保管しやすいように小さめの印鑑が向いているでしょう。男性であれば12cm前後のタイプ、女性の場合は一回り小さい10.5cm程度のタイプが好まれます。手の大きさに合わせて、男性の方が2cmくらい大きい方が使いやすいと言われています。 書体については、名字を使うのが通例です。一目で確認でき、判別しやすく読みやすい字体が好まれます。古印体や楷書体を勧める専門店が多いです。書籍や文書類で使われる字体に近いので、受領印として受け取った側も分かりやすいでしょう。サイトには様々な書体の見本があるので、見比べてみるといいでしょう。

発注時にどの材質を選んだらよいのか

印鑑の材質は様々で、通販サイトでは豊富な材質を扱っています。認め印は使う場面が多いので、ちょっとしたことで落としたりぶつけたりして破損するリスクが高くなるでしょう。印地面も使う頻度が高いと摩耗しやすくなることもあります。長年大切に利用したいなら、耐久性を考えて破損と摩耗がしにくい丈夫な素材を選ぶといいでしょう。 耐久性がある素材であれば、金属のチタンや水牛の角がお勧めです。チタンは軽くてアレルギーの心配もありません。女性向けにカラフルな色づけをした物もあります。水牛は印地面が綺麗に出るのが特長です。ただし、これらの素材は高級なので値段が高いことがあります。割安な価格で入手したいのであれば、木材を利用するといいでしょう。柘植や楓などが一般的ですが、色々な木材を貼り合わせて強度を増した合板木材も人気があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加